ルミガンで痒みを避けるには?

大半は時間とともに解決していくそうです

ルミガンというまつ毛美容液は、日本でも愛用者が多くなっていると聞きます。

しかも、まだ認可されていない関係上、個人輸入や美容クリニックでしか入手できないにもかかわらず、です。それだけルミガンは魅力的なんですね。確かに、フサフサのまつ毛は誰でも1度は憧れると思います。

しかし、そのルミガンですが、ちょっとした副作用も付きまとうそうです。

よく挙げられるのは、痒み。ルミガンを塗った所が痒くなったり、目にちょっと入っても同じことになったりするみたいです。これって大丈夫なのでしょうか?

ルミガンは基本、毎日塗り続けるものですから、痒みの程度によっては困ると思います。
そこで、痒みの副作用について調べてみたところ、これは成分に対するアレルギー反応だと分かりました。

確かに、ルミガンにはビマトプロストなどの化学成分が含まれていますからね。とは言っても、体の方も徐々に慣れてくるため、1~2週間くらい続けていれば、自然と痒みも出なくなるみたいです。

今まで、身体になじみのない成分は、害となる危険性もあるので、過剰な防衛反応がアレルギーを起こすそうですが、大丈夫だとわかると、次第に、そうした症状も落ち着いていくという事ですね。

ちなみに、目に入るのは大抵、ルミガンの塗り過ぎが原因であるため、塗る量に気を付けるだけで、目の痒みは大分抑えられるそうです。そのため、ルミガンを塗布する際は、アプリケーターや綿棒を使うと良いみたいです。