専用アプリケーターで塗るべき?

細かい作業や副作用を考えると…

ルミガンは、専用アプリケーターとセットで売られているケースが多いです。
また、そのアプリケーター単体だけでも売っています。

別に指や綿棒でも良いと思うのですが。実際、ネットを調べてみると、点眼するみたいに、直接皮膚にルミガン液を落としているという人もいました。

アプリケーターなんて本当に必要なのでしょうか?
やはり、専用アプリケーターで塗った方が良いそうです。

なぜなら、塗る場所が、まつげの生え際と大分細かいところだからです。確かに、まつげの生え際なんて、ほんの1、2ミリしかありませんから、指や綿棒だとちょっと難しそうに思えます。

また、目に入ったり、まつげの生え際以外の皮膚に付着したりすると、副作用の心配がある点からも、推奨されないそうです。

詳しく言うと、ルミガンの主成分であるビマトプロストという化学物質に、体がアレルギー反応を起こすので、目や皮膚が赤くなったり痒くなったりするだけでなく、皮膚に限れば色素沈着ができたり、その部分だけ体毛が濃くなってしまったりするんです。

そのため、副作用のリスクも軽減でき、美容液の使用量も最小限に抑えられるということで、ルミガンは専用のアプリケーターを使うべきとのことでした。