ルミガンは目に入っても大丈夫?

元々は点眼薬の成分ではあるので…

まつ毛を伸ばしたり増やしたりしてくれる、まつ毛美容液のルミガン。

しかし、最初の内は、かなり使用に苦労するそうです。なぜなら、塗る場所が塗る場所だからです。具体的には、まつ毛の生え際に塗布しなければいけないんですね。これは確かに細かいですから、慣れない内は大変だと思います。

実際、上手くいかないで目に入る人も多いそうです。

しかし、ルミガンって目に入って大丈夫なのでしょうか?

皮膚ならまだしも、目に直接当たるとなると、なんだか危ないような気がします。特に、ルミガンのまつ毛育成効果を担っているビマトプロストは、天然成分ではなく化学成分と聞きます。

そこで、ルミガンの安全性について調べてみたところ、心配は無いと分かりました。

確かに、ビマトプロストは化学成分ですが、目に何ら悪影響を与えることは無いそうです。ただ最初の内は体が慣れないため、目に入るとアレルギー反応が起きる関係上、充血したり痒くなったりすることはあるだけで。

元々は、緑内障による眼圧を下げる為の目薬の成分なので、本来は、点眼していた事を考えると、そこまで心配は無いとわかりますが、ルミガンは、まつ毛育毛用に作られているので、適材適所は十分注意したいところです。

むしろ、一重瞼の人には嬉しい効果もあります。

なんでも、眼圧が下がることで瞼の皮膚に余裕ができるため、一重瞼から二重瞼になることも多いのだとか。ただし、同じ原理で二重瞼が三重瞼になるケースもあるため、既に二重瞼の人は気を付けた方が良いそうです。