ルミガンは良いけど気になる点

副作用として目の充血が気になる

まつ毛が少ない、短い、細い。こういった症状を、まつ毛貧毛症と言うそうです。
ちゃんとした病名っぽいのがあるようですが、大半の場合は、体質的なものが多いので本人が気にするかどうかだと思います。

でも、こんな本格的な病名がつくくらい、まつ毛に悩みを抱えている人は多いということですね。しかし、そうしたまつ毛のトラブルを、解決することってできるのでしょうか?

精々マスカラで誤魔化すしかないと思うのですが。
従来はそうだったのですが、今では、ルミガンがあるので何とかなります。

主成分ビマトプロストという化学物質が含まれているのですが、これが体毛の生成を担う毛母細胞を刺激することで、その働きを向上させてくれるそうです。

そのため、まつ毛の生え際にルミガンを塗り続ければ、太くて長いまつ毛を手に入れることができるんです。しかし、その一方で、ルミガンには目の充血という副作用がよく伴います。やはり、塗る場所のので、どうしてもルミガンの液が目に入ってしまうので。

ただ、ルミガンにおける目の充血に関しては、そんなに心配しなくても大丈夫という事が結構書かれているのでそうなんだろうなと思います。
(注意するに越したことはありませんが。)

理由は、単なるビマトプロストへのアレルギー反応であるので、一定期間使い続ければ、自然と生じなくなるからです。考えてみれば、ルミガンは元々緑内障の点眼薬だったんですから、目に悪い訳無いという事のようです。