ルミガンの原点は緑内障点眼薬?

緑内障点眼薬の副作用がきっかけだそうです

ルミガンがまつ毛美容液(育毛剤)となったきっかけは、意外なものだそうです。
なんでも、とある眼病の治療薬だったのだとか。

詳しく言うと、緑内障の点眼薬として使われていたのですが、ルミガンの主成分であるビマトプロストみたいです。なぜ、緑内障の点眼薬だったものを、まつ毛貧毛症を治療するためのまつ毛美容液に転用されたのでしょうか?

きっかけは、緑内障の点眼薬で報告された、副作用だそうです。

具体的には、長期間緑内障の点眼薬を使用したところ、まつ毛が伸びたり増えたりしたという副作用が、一定数報告されたみたいです。
そこから、ルミガンができたんですね。

副作用というか副効用というか…。
この辺は捉え方次第なのかもしれません。

ちなみに、元々緑内障治療薬として使われていたので、ある嬉しい副作用がルミガンにも期待できるそうです。

それは、一重瞼が二重瞼になる、というものです。

ビマトプロストは、皮膚にも影響を及ぼすのかと思いきやそうではなく、緑内障治療薬として使われていた当初から持つ、眼圧を下げるという効果が関わっているそうです。

詳しく言うと、眼圧が下がるとその分瞼の皮膚に余裕ができるため、瞼が一重から二重になるんですね。

ただし、ビマトプロストは基本安全と言っても、化学成分であることに変わりは無いため、あまりその効果を期待して目にたくさん入れるのは推奨されないとのことでした。