ルミガンの使用上の注意点とは?

とにかく最小限で塗れるようにすることが大事

ルミガンは、一部では失明するなんていう噂もありますが、ちゃんと成分の安全性は保証されているそうです。もしも、そうした噂が本当だとしたら、それは、偽造品である可能性も否定できません。

そもそもが緑内障の点眼薬として使われていたものなので。
そのため、まつ毛の生え際に塗ったのが、うっかり目に入ったり、他の部位に垂れ落ちたりしても、大丈夫とのことでした。

また、時々目が充血したり、皮膚が痒くなったりはするそうですが、単なるアレルギー反応なため、体が慣れれば生じなくなるみたいです。とりあえずは安心しました。

まつ毛の生え際なんて細かい部分に塗るなんて、絶対最初の内は失敗しますから。

しかし、健康被害が生じないとしても、やはり使用上の注意点はあるそうです。

それは、とにかく最小限の量を塗ることで、まつ毛の生え際以外の皮膚に触れないようにすること、です。なぜなら、ルミガンの主成分であるビマトプロストは、皮膚に色素沈着を生じさせてしまうからです。

そのため、まつ毛の生え際以外は、なるべく付着しないよう注意すべきなんです。

しかし、そうとは言っても、まだ使い慣れない内は中々難しいですし、どうしても目尻の部分とかには触れてしまうと思います。そこで、色素沈着の対策として、まつ毛の生え際以外にルミガンが付着しそうな部分にはワセリンを塗るのが良いとのことでした。

じゃあ、ワセリンは、目に入って大丈夫なのかというところでもありますが、安定性の高い成分ということ、目に入れる軟膏のベースとしても用いられているそうです。

ただし、気をつけるに越したことはありませんね。